コンセプト

合理的で寛容でボーダレスな出会いの場 自由で愉快なコミュニケーションを誘発する場 セレンディピティを生み出す場

図

「地域に根ざし、学内外の人々が親しみと誇りを持てるような大学」。それが岡山大学のあるべき姿のひとつです。Junko Fukutake Hallは、まさにそれを象徴する建物となっています。四角く閉じられた建物ではなく、開かれた開放的な建物にすることで、地域に開かれた大学であるという岡山大学のメッセージを新たに伝え、学生や教職員、地域の人々が集える施設。人々が気軽に関わりあえる交流の場として、また大学と地域を繋ぐ架け橋として重要な役割を担います。

場所は、鹿田キャンパス内医学資料室・研究棟に隣接し、建物にはホールやコモンズスペース、中庭や屋根下広場が造られています。

岡山大学 Junko Fukutake Hall は、公益財団法人 福武教育文化振興財団 代表理事副理事長 福武純子様より御寄贈いただいたホールです。

設計は「SANAA(サナア)」
妹島和世氏(1956年,茨城県生まれ),西沢立衛氏(1966年,神奈川県生まれ)の建築家ユニットで,透明感あふれる新しい感覚の空間を追求。作品に「金沢21世紀美術館」(2004年),「海の駅なおしま」(2006年)などがあり,2004年にベネチア国際建築展金獅子賞,2010年に米プリツカー賞受賞。2012年開館のルーブル美術館分館の設計も担当。
福武 純子氏

「合理的で寛容でボーダレスな出会いの場」
「自由で愉快なコミュニケーションを誘発する場」
「セレンディピティを生み出す場」
これはJunko Fukutake Hallの銘板に刻んだ言葉です。
私は年齢・性別・職種・文化的背景を問わず、異なる価値観や考え方の人々が楽しく話し合うことは、とても大切なことだと思っています。そこからから新しい価値観や目標が生まれることがあるからです。
このプロジェクト自体が先生方と自由で愉快な、ボーダレスで寛容な異文化コミュニケーションを楽しんでいるうちに生まれたものです。
設計にあたりSANAAさんには、人が自然に集まり、自由で愉快なコミュニケーションを誘発する場を創ってほしいとお願いしたところ、見事な建築になりました。
ホールは 先生や学生、海外からのお客様、市民の方々など多くの人に利用していただきたいと願っています。

福武 純子氏
1948年岡山市生まれ。共立女子大卒。ファイナンシャル・プランニング技能士。
2007年から福武教育文化振興財団理事、評議員、代表理事を務め、12年から副理事長。
福武總一郎氏の実妹。
妹島 和世氏

学内に魅力的な場所や交流できる空間があれば、誰もが行きやすい親しみの持てる場所になると思います。Junko Fukutake Hall は、いろいろな方向に開き、いろいろな方向から出入りできる建物です。人々が気軽に立ち寄って集まることが出来る、あずまやのような開かれた建物になってほしいと思います。

妹島 和世氏
1956年茨城県生まれ。日本女子大大学院修了後、伊東豊雄建築設計事務所に勤務。87年に独立し、95年に西沢立衛氏との共同事務所SANAAを設立する。代表作は金沢21世紀美術館、米・ニューミュージアム、仏・ルーヴル・ランス美術館など。プリツカー賞、日本建築学会賞など受賞。単独では、建築とアートを融合した岡山・犬島の「家プロジェクト」も手掛ける。
西沢 立衛氏

学校というのは、人間が非常に創造的になるところだと思います。また、新しい時代を目指す創造というのか、現代的な創造と変化が絶えず起こる場でもあります。Junko Fukutake Hall は、「地域に開く」という岡山大学の新しいメッセージを内外に知らせる、重要な役割を持つと思います。

西沢 立衛氏
1966年東京都生まれ。横浜国立大工学部建築学科卒業後、同大大学院修了。妹島和世建築設計事務所を経て95年、SANAAを設立。97年、西沢立衛建築設計事務所設立。単独の設計作品として「十和田市現代美術館」(2008年)、豊島美術館(2010年、日本建築学会賞、村野藤吾賞)などがある。現在、横浜国立大学大学院Y-GSA教授。
森田 潔学長

岡山大学の新たな顔としてJunko Fukutake Hallが完成いたしました。
「美しい学都・岡山」の創成の趣旨にご賛同いただき、本ホールをご寄付いただきました福武純子様のご厚意に心よりお礼申し上げますとともに、設計をされましたSANAAの妹島様、西沢様始め関係各位、建設工事をされました鹿島建設の関係各位、また、この素晴らしいJunko Fukutake Hallの建設に携わられた全ての皆様に深く感謝申し上げます。
私が学長に就任した際に、まず感じたのは、大学としてのシンボルがないことでした。確かに附属図書館の時計台は古くから大学のシンボルとして親しまれてまいりましたが、欧米の大学にあるような地域とのコミュニティの場としての大学機能が果たせていないこと、また、そのような施設がないことから、美しい学都の創成、キャンパス整備をミッションに掲げました。
そのような私の思いと、福武純子様の、岡山が市民と大学の垣根のないまちとなること、自由で知的なコミュニケーションから、新たなを創造が生まれる場となるために、大学には重要な役割があるという思いが合致し、本日、このような形でその夢が実現に至ったことは、正にセレンディピティ(思わぬ発見)に他なりません。
ここJunko Fukutake Hallは、私が目指す、地域に開かれた大学の象徴として、また、岡山のシンボルとして多くの人が、ここに集う施設として、大学と地域の架け橋になる重要な役割を果たしてくれるものと確信しております。
ここJunko Fukutake Hallを、大学と地域のコミュニケーションの場として多くの方にご利用いただきますとともに、関係各位におかれましては、引き続き、一層のお力添えを頂戴いたしたくお願い申し上げます。

森田 潔学長
1949年倉敷市生まれ。専門は麻酔・蘇生学。74年、岡山大医学部を卒業し、同大医学部附属病院(現岡山大病院)、米アルバートアインシュタイン大モンテフィオーレ病院などを経て、2002年から岡山大大学院医歯学(現在は医歯薬学)総合研究科教授、05年から岡山大病院長、11年から現職。岡山市在住。

※福武純子氏、妹島和世氏、西沢立衛氏の写真と経歴は「山陽新聞社」よりご提供いただいたものです。